子供の眠りが危ない 睡眠負債を知ろう(4)学力、体力と睡眠の関係

雨晴クリニック副医院長 睡眠専門医 坪田 聡

睡眠不足は幼い子供にとって大きな問題だ。夜間の睡眠不足のため保育園などの昼寝の際に起こさないと目覚めない子供は、指さしが遅く、話せる言葉の数が少ないことが分かっている。さらに、就寝時刻が遅い12カ月児は言語理解とバイバイができない。起床時刻が遅い20カ月児は、積み木2個を積むことができない。睡眠不足や夜型の乳幼児は、精神や運動の発達が遅れる可能性がある。

睡眠と脳の発達は小学生にとっても深い関係がある。睡眠習慣と子供の学力の関係を調べると、成績上位の子供ほど早い時間に眠っていることが分かる。

小学校3~6年生の主要4科目のテストで、平均95点以上をとる成績上位者の41%は午後9時前に寝付き、12時以降に就寝する子供はいない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。