子供の眠りが危ない 睡眠負債を知ろう(5)メカニズムとリズム


雨晴クリニック副医院長 睡眠専門医 坪田 聡


 眠気を決める二大要因は、「睡眠促進物質」と「体内時計」だ。

 脳が働く時間と量に比例して睡眠促進物質が脳にたまる。睡眠促進物質には、プロスタグランディンやサイトカイン、神経ペプチドなど、現在40種類以上が知られている。日本は睡眠促進物質の研究をリードする国の一つだ。

 睡眠促進物質が増え過ぎると脳が壊れてしまうので、睡眠促進物質の生産を止めて分解するため、脳の働きを停止して眠る必要がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。