子供の読む力・言葉の力が伸びる! 文章を丸ごととらえるフレームリーディング(7)物語をとらえる~低学年編

筑波大学附属小学校教諭 青木 伸生

◆物語の基本形

物語の基本はA→A'である。つまり、話の展開の中で何かが変わるというのが最も基本の形となる。作品の中で一番大きく変わるのが「中心人物」である。よって、「何が、どのように変わったか」を考えながら読むと、物語の内容をとらえることができる。
◆登場人物を数える

物語の中で変わるのは、基本的に人物である。作品の中に誰が登場し、その中の誰が変わっていく話なのかをとらえればよい。誰が変わるかを把握するためには、誰が出てくるか、つまり、登場人物をつかむことが、まず大切になる。

1年生の「大きなかぶ」を例に考えてみる。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。