進化する高校情報科 ―新学習指導要領の鍵を握る―(3)考えを自分の言葉で説明

神奈川県立茅ヶ崎西浜高校教諭 鎌田 高徳





マスメディアとSNSでは情報の伝わり方がどう違うか発見しよう――。

現代をスマホと共に生きる生徒たちは、テレビや新聞、ラジオなどのマスメディアから情報を得る機会よりも、ツイッターやLINEなどのSNSから情報を得る機会が多い。生徒たちにとって最も身近なメディアと言ってもよい。情報科では、メディアの特性を単元として扱う。しかし、教科書の内容に沿ってメディアの特性を知識として教えるだけでは不十分である。情報伝達におけるメディアの特性の違いを「発見」させるのが重要だ。

メディアの特性を踏まえて情報を発信したり読み解いたりする力を「メディアリテラシー」というが、この力の育成は情報科でも課題だ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。