世界の教室から 北欧の教育最前線(8)増える学校の特別食


平等と要望のせめぎあい


日本では、子供たちの遠足には親の手作り弁当がつきものだ。家事全般が苦手な私としては、たいしたメニューでもないのに、遠足の一週間も前から気をもんでしまう。子供をスウェーデンのプリスクールに入れて感動したのは、遠足の日も家からお弁当を持って行かなくていいことだった。先生いわく、「みんなが同じものを食べることが大事なんです。昼食のことは私たちが全部準備しますよ」。当日は、引率の先生方の1人が手押し車に食べ物、飲み物、そして食器を載せて遠足に出掛けていった。




■平等な社会のための平等な学校給食

スウェーデンでは1946年に、国のお金であたたかい学校給食を提供することが議会で決められた。その理由は多角的で▽子供たちが同じ食事を得ることで、社会の平等をより促進する▽お弁当作りを含む家事から、女性を解放する▽悪い食生活や栄養失調を防ぐ――などであったという。

その後、60年代にその責任は国から自治体にうつり、現在では基礎学校(日本の小・中学校に相当)、養護学校、サーメ学校(先住民族サーメ人のための学校)で、「栄養が十分にある食事」を「無料で」提供することが学校法で規定されている。すべての子供に対して平等な教育を提供し、それを通して平等な社会を形成しようとした、スウェーデンの学校に対する哲学が、ここにも表れていると言えるだろう。

高校の給食は法制化されていないが、ほとんどの自治体が提供している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。