進化する高校情報科 ―新学習指導要領の鍵を握る―(4)情報モラル教育の要点

神奈川県立茅ヶ崎西浜高校教諭 鎌田 高徳




今日の情報モラルの授業ではLINEトラブルをトーク事例で表現してみよう――。

私の情報モラルの授業では、生徒たちに身近なSNSのLINEを題材にして進めている。私の学校では、昨年度に高校1年生の99.8%がLINEを使用していた。LINEは高校生にとって高校生活に必要不可欠なインフラの一つと言える。しかし、高校生に必要不可欠なこのインフラはさまざまなトラブルを生み出す。高校1年生が入学し、遠足などの行事を終える5月ごろ、知り合いがほとんどいなかった1年生たちは、徐々に仲の良い友達グループを形成する。同時に、LINE上にもさまざまなグループを形成し、コミュニケーションを取るようになる。そんな中で必ず起こるのが、生徒間のSNSトラブルである。

皆さんは情報モラルの指導に自信があるでしょうか。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。