子供の眠りが危ない 睡眠負債を知ろう(10) 目覚めたら朝日を浴びる

雨晴クリニック副医院長 睡眠専門医 坪田 聡

人が好む明るさはいつも一定なわけではなく、1日の中でも規則的に変化する。午前中は、1千ルクス以上の明るさを好むが、午後からは少しずつ減っていき、夕方には200ルクスほどになる。学校環境衛生基準によると、教室は300~500ルクス以上が望ましいとされている。普通の家の台所や居間は夜間100~300ルクスが多い。

この明るさのリズムに合わせて、夕食後は照明を次第に暗くしていき、眠るときには真っ暗にするか、4ルクス以下の豆電球ほどの暗さにすると、快い睡眠を得やすくなる。暗闇が不安な人は、少し明かりをつけておいた方が安心してよく眠れる。外が明る過ぎるなら、厚めのカーテンやブラインドを付けよう。

できれば眠る時刻の1時間前、少なくとも30分前には、テレビやパソコン、ゲーム機、スマートフォンなどの電子メディアの電源を切ろう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。