世界の教室から 北欧の教育最前線(9)敬称改革(Du-reformen) 先生に「やあ、モニカ!」


■教師をファーストネームで呼び捨てる慣習

スウェーデンの学校では、幼稚園から大学まで、どんな先生に対しても敬称はつけず、ファミリーネーム(姓)でなくファーストネーム(名)で呼び捨てにする。保護者も、子供も、同僚同士でもそうだ。いまでは気にも留めずにこの習慣に従っているが、背景には歴史と思想があった。
■学生運動の遺産

発端は1960年代末の学生運動にさかのぼる。フランスで火が付いた大学民主化運動は、ベトナム反戦運動やプラハの春事件と呼応しながら、世界規模の反権力運動へと発展していった。

熱気はスウェーデンにも及んだ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。