世界の教室から 北欧の教育最前線(11)最優秀学校給食を目指せ!

<
最優秀グルメ校長などの発表も

本連載の第8回「増える学校の特別食」では、学校給食が「平等な社会の実現」という理念の下で提供されていることを紹介したが、本稿では、格差と評価について述べる。


■給食の年間コストは3倍の差

給食の地域差としてメディアによく取り上げられるのは、一食あたりのコストだ。食糧庁(Livsmedelsverket)によると、給食1食当たりのコストは自治体間でおよそ94円(7.53SEK)から182円(14.62SEK)と、ほぼ倍の開きがあった。また、生徒1人当たりの年間コストは、自治体間でおよそ5万円(4千SEK)から14万円(1万1500SEK)まで、実に3倍の開きがあった(学校教育庁2017)。

食糧庁は「高い給食の質が良いとは限らない」とコメントしている。例えば有機野菜を使えば原材料費はかさむが、残飯の廃棄にはコストがかかるし、調理人が有能ならコストは安くなる。特別食の要望への対応もコストに関わる。給食に最も高いコストをかけているティーエルプ市でも、生徒が必ずしもその「高価な」給食を好きなわけではなく、しばしば近くのスーパーでパンやお菓子などを買って食べている、という残念な状況が地方紙に掲載されていた。
■学校給食の評価ツール

自治体間の差は、地方分権化したスウェーデンの特徴である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。