学び続ける職員室―私たちは何のために職員室に集まるのか(2) 健全な対立に向かう

アソビジ代表 中川 綾


 対立の先に居心地の良さや安心感がある。だが、そう思えない人たちがいることも想像できる。私自身が失敗をいろいろと重ねてきた。そこで、組織成長の要になる「混乱期」をどうしたら乗り越えていけるのかについて触れたい。

 対立できる関係性に進むためには、連載第1回で説明した「形成期」に、コミュニケーションをどれだけ取れるかにかかっている。

 量を増やすということは、基本的なおしゃべりを増やし、互いの人となりを知り、その人の背景を知るための会話を積み重ねていくことだ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。