高校英語教育と大学入試(2)活動を通して英語を学ぶ


ココネ言語教育研究所所長、慶應義塾大学名誉教授 田中 茂範



新学習指導要領が2017年3月に公示された。22年から導入される新しい英語教育の指針を示したものである。14年の高大接続に関する中教審の答申では「真に使える英語力の育成」がスローガンに掲げられた。多文化が共生する状況の中で、個々人が主体性を持って文化的に多様な人々と協働しながら、自らの可能性を開くことを挙げている。より良い社会の実現に貢献するためには、国際共通語としての英語力が必要だという考え方も押さえている。

高校の英語では、現行の「コミュニケーション英語」が「英語コミュニケーション」に変更される。この変更の最大のポイントは、「コミュニケーションのための英語(English for communication)」の指導から「英語でのコミュニケーション(communication in English)」に強調点を移したところにある。加えて「英語コミュニケーション」の要点は、「活動の中で、活動を通して英語を学ぶ」という点にある。

この強調点のシフトによる波及効果は大きい。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。