高校英語教育と大学入試(4)CEFRとは何か


ココネ言語教育研究所所長、慶應義塾大学名誉教授 田中 茂範



CEFR(セファール)という言葉が英語教育でもよく使われるようになってきた。これは、Common European Framework of Reference for Languagesの略語。欧州評議会のジョン・トリムが率いたモダンランゲージ・プロジェクトが、1991年に欧州の言語教育の指針として発表したものである。今では、その評価基準(grand scale)のBasic User(A1、A2)、Independent User(B1、B2)、Proficient User(C1、C2)が欧州だけでなく、中国、日本、チリなどでも使われるようになってきている。

わが国でCEFRの基準が広まったきっかけの一つは、上智大学言語教育研究センターの吉田研作センター長と筆者が実施したNHK英語番組でのCEFRレベルへの対応作業からだ。今では、英検の準1級はB2レベルで、1級はC1レベルに相当するといった具合に、英語力の評価基準のよりどころとされている。大学入試への採用が決まった民間試験の共通基準としても使われている。

このCEFRの基準は、実際のコミュニケーション状況を反映して行動目標を示すところに最大の特徴がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。