高校英語教育と大学入試(5)5領域の意味

ココネ言語教育研究所所長、慶應義塾大学名誉教授 田中 茂範

新学習指導要領の外国語編では、「5領域」という新しい概念が導入された。英語教育分野では「4技能5領域」だとか「4技能から5領域に」といった表現が使われている。この「5領域」の意味が十分に理解されていないからである。

まず、5領域はspoken production、spoken interaction、listening、writing、readingの五つを指す。これまでspeakingだったものが、spoken production、spoken interactionに細分化されると同時に、「技能」から「領域」という呼び方に変わっている。ここがポイントである。

ご存知のように、これまで4技能主義が常識的な見方であった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。