いじめのエビデンス(2)シンキングエラーの問題

子どもの発達科学研究所主席研究員 和久田 学


いじめ防止対策推進法が施行されて以降、学校現場におけるいじめ対策は進んだ。どの学校のホームページを見ても「いじめ対策等の基本方針」が掲げられているし、アンケート調査や子供との面談も行われている。道徳や特別活動の時間に、いじめを取り上げた授業を行っている学校もある。

その結果、ほとんどの子供が「いじめはいけないこと」だと認識するようになった。「あなたは、いじめについてどう思いますか?」と質問すれば、百人中百人が「いけないことだ」「やめるべきだ」と答えるだろう。

だが、考えてみて欲しい。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。