学び続ける職員室―私たちは何のために職員室に集まるのか(9)ファシリテーションを取り入れる

アソビジ代表 中川 綾





「学び続ける教員が、学び続ける職員室をつくる」ためには、職員室にいる教職員同士が、共に振り返りを継続できる関係性であるとよい。ただおしゃべりを重ねていくだけでも、今日1日教室で起きた出来事や、授業中の迷いについても自然と話せるようになり、自分とは違う視点が得られることも多い。

つまり、これは「穏やかな混乱期」とも言える。「目の前で起きている現実」として子供たちの様子を話すことで、学びの場が生まれやすくなる。そしてそれは、どちらか一方のためのリフレクションとはならず、互いにとっての学びの場となるのだから面白い。

対話しながらのリフレクションには、いくつかの方法がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。