高校英語教育と大学入試(9)スピーキングにこだわる理由

ココネ言語教育研究所所長、慶應義塾大学名誉教授 田中 茂範

 「2020年に大学入試が変わる」ことが話題になっている。現行のセンター試験から変更される「大学入学共通テスト」(以下「共有テスト」)である。共通テストの英語では、リーディング問題(80分)とリスニング問題(60分)が出題される予定だが、スピーキング試験に関しては実施が難しいとの判断から、民間試験の活用に踏み切った。そしていま、その活用割合が最大の関心事となっている。国立大学協会は民間試験の配点を「2割程度」と述べているが、実際は大学側に委ねるようだ。

 利用可能な民間試験として認められているのはGTEC、英検、TEAP、TOEFL、IELTS、TOEIC、Cambridge Englishの7種類である。実施に際しては、「成績提供システム」が用意される。資格・検定試験の受検者が、高校3年生以降の4~12月の間に受検した2回までの結果が大学に提供される。受検生が民間試験の受検を申し込む際、あらかじめ大学入試センターから発行されたIDを記載することで、試験の実施主体から大学入試センターに成績が送付され、大学入試センターから大学に提供される仕組みだ。提供される成績には、試験のスコアとCEFRの段階別表示、合否判定が含まれる。

 ここでCEFRのスケール(A1、A2、B1、B2、C1、C2)が出てくる。……