学び続ける職員室―私たちは何のために職員室に集まるのか(10)小さな一歩を踏み出そう

アソビジ代表 中川 綾


 私たちはなぜ、職員室を居心地の良い場にしたいと思うのか。決して、自分だけが気持ちよく働きたいからではないだろう。繰り返しになるが、「職員室で起きることは教室でも起きるし、教室で起きることは職員室でも起きる」。そう考えると、職員室を居心地の良い場にすれば、教室の居心地も良くなり、学校全体の居心地の良さにもつながっていくだろう。

 そのためにできることとして▽明確な目的・目標を共有する▽対話の量を増やす▽健全な対立を受け入れる▽作ることができるルールは自分たちで作る▽それぞれの役割に納得して働ける環境をつくる――を提案してきた。

 これは「理想」だろうか。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。