授業で実践 学びのファシリテーション(2)ひょんなことから学校現場へ


ファシリテーター 青木 将幸

わが家の近くにおしゃべり好きな教員が住んでいる。ときどき一緒に晩ご飯を食べたり、お酒を飲んだりするのだが、まあ実によくしゃべる。日頃のうっぷんを晴らすかのように、クラスの子供たちの様子も、若い教員への容赦ないダメ出しも機関銃のごとく話し続ける。

仕事柄、人の話を聞くのは苦手ではないが「よくもまあ、ここまで話すなぁ」と感心していると、「青木さんがやっている、そのファシリテーション? とやらを、うちのクラスでもやってよ」というオーダーが来てしまった。

「話を聞いていると、何でも扱えるみたいじゃないの。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。