逆境に負けない心 レジリエンスを身につける(2)科学的根拠に基づく教育


(一社)日本ポジティブ教育協会



教育現場では、逆境や困難は歯を食いしばって乗り越えるという「根性論」が通じなくなっているようだ。そこで、研究によって科学的な根拠に基づいたレジリエンス教育が注目されている。

レジリエンスの研究は1960~70年代に始まり、原点には家庭のストレス要因や親の精神疾患などリスクを持って産まれながらも、良好な発達や社会適応をみせる子供の存在があった。そのような子供が持つ適応能力や回復力を指す概念として、レジリエンスが用いられるようになった。

1980~90年代にはレジリエンスがどのように達成されるかについての因子研究が進み、2000年代以降、日本では比較的誰もが経験し得る出来事に着目し、個人内のレジリエンス要因に関する多くの研究が行われている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。