いじめのエビデンス(7)いじめ対応はシステムで


子どもの発達科学研究所主席研究員 和久田 学


 「駅前によくあるチェーン店」といって皆さんが思い浮かべるのは、牛丼やハンバーガーに代表されるファストフードではないだろうか。そうした店には統一されたシステムがあり、どの店舗に行っても一定レベルの商品、サービスが約束されている。

 次に、ガイドブックに載るような有名店を想像してもらいたい。そのお店では、他で味わえないような商品、サービスが得られるだろう。しかし乱暴な言い方をすれば、店の質はそこで働く料理人の腕に掛かっている。その人が辞めれば、個人経営の店の質は落ちてしまう。料理人は弟子を取るかもしれないが、質の維持はそう簡単ではない。後継者として認められるまで、おそらく長期間の修行が必要になるだろう。

 さて、いじめ対応について考えたい。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。