授業で実践 学びのファシリテーション(6)「アイスブレイク」の王道

ファシリテーター 青木 将幸

子供たちが書き終えたのを見計らって、皆に声を掛ける。「では、それぞれが書いてくれた算数に関するお困りごとを、皆で解決していこう。この先は4人一組で話し合いをします。近くに座っている人と4人組をつくろう」と呼び掛けると、すぐさま仲良したちが集まっていくつかのグループができる。

「4人でじゃんけんをして、一番バッターを決めよう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。