いじめのエビデンス(10)「学校風土」という魔法の杖(つえ)

子どもの発達科学研究所主席研究員 和久田 学

いじめが起きにくい学校やクラスをつくりたい。そう考えるなら、学校風土に関する研究が役に立つ。

学校風土(School Climate)とは、米国のThe National School Climate Council(2007)によると「教師と児童生徒の学校生活での経験パターンからくるもので、学校の決まり、目標、価値観、人間関係、授業実践、組織体などに影響を与えるもの」と定義されており、児童生徒とその家族、教職員が一緒になってつくるもの、としている。

ざっくりと言えば「学校やクラスの雰囲気」ということになるが、多くの教師はその重要性を実感しているだろう。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。