授業で実践 学びのファシリテーション(7)聞いていないふりをする

ファシリテーター 青木 将幸

「じゃんけんで勝ったのは誰ですか? 今、元気に手を上げてくれた人から順番に、お困りごと解決会議を始めていくよ」

まず、じゃんけんで勝った人のお困りごとに皆が耳を傾ける。お困りごとを聞いたら、どうすればそれが解決できるかを一緒に考え、知恵を出し合う。「私はこうしているよ」とアドバイスしたり、経験談を話したり、一緒に悩んだりしてもいい。

「1番手の人のお困りごとを解決する時間は5分! 短いけれど、集中すればきっとできるよ。よーい、スタート」と言って促す。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。