いじめのエビデンス(11)発見より予防が大事

子どもの発達科学研究所主席研究員 和久田 学

いじめ防止対策推進法が施行されてから、生徒を対象にいじめに関するアンケートを行う学校が多くなった。教育委員会や学校単位で実施し、その結果を元に、さまざまな対策が取られているという。

アンケート調査の実施に当たり、記名式にすべきか無記名式にすべきか、という議論がある。おそらく現状は記名式で行っている学校の方が多いだろう。理由は簡単だ。学校、教員の多くはいじめ被害を受けている子供をいち早く把握し、すぐに助けたいと考えているからだ。

ところが、記名式アンケートでは、本当にいじめられている子供が素直に事実を書けないのではないかという指摘がある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。