問題行動が激減する MLAの理論と実践(3)望ましい行動を促す

MLA研究開発者会議



PBISとは、Positive Behavioral Interventions and Supportsの略称である。米国を中心に進められている「ポジティブな行動への介入と支援」を基盤とする包括的生徒指導アプローチで、MLAの基本プログラムの一つだ。

特別支援を要する子供への個別支援から始まり、問題行動に対する予防的・開発的な観点から、現在では全ての子供を対象とした学校全体(School-Wide)での取り組みとしても広がりをみせ、SWPBISという呼び方でも広く知られている。

PBISは行動分析学を理論的な背景としており、「行動は後天的に獲得したり変化させたりすることができる(学習できる)」という考えが基盤になっている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。