教師が今すぐ実践できる時短術(3)職場のためにできること

東京都調布市立多摩川小学校教諭 庄子 寛之

定時に帰るという目標は、職員への感謝なしには成し遂げられません。目的地(時短)にたどり着くのに、最短ルート(自分一人が時短を図る)が一番近いとは限らないからです。

つまり、自分だけが時短できている状態は、本当の時短ではありません。

あなたの学校の職員室はどんな雰囲気ですか? 私の学校の職員室は、よい雰囲気です。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。