教師が今すぐ実践できる時短術(5)丸つけは授業中にする

東京都調布市立多摩川小学校教諭 庄子 寛之

今回から、時短につながる具体的な行動について書いていきます。「授業時間内にできることを増やす」ことが、時短の大きなポイントとなります。

まず取り組みたいのが「丸つけ」です。と言うと、「授業をしているのだから、できるわけがない」「丸つけしながら子供たちを見るなんて無理」、このような声が聞こえてきそうです。

しかし、「授業をする」ことと「丸つけができない」ことはつながりません。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。