主体的・対話的で深い学びを実現するパフォーマンス評価(6)ルーブリック作りの手順


京都大学大学院教育学研究科教授 西岡 加名恵



前回まで、いくつかの教科でどのようなパフォーマンス課題が開発されているかを紹介してきた。「本質的な問い」に対応させた魅力的なパフォーマンス課題を開発できれば、思考力・判断力・表現力の発揮を促し、深い理解を保障する一助になるだろう。

さて、パフォーマンス課題を実践し始めた先生方が次に悩むのが、課題によって生み出された作品や実演をどのように評価すればよいのか、という点だろう。

パフォーマンス課題は複雑で総合的な課題であるだけに、その作品や実演はマルかバツかの2区分では評価できない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。