教師が今すぐ実践できる時短術(10)「一日一善」を記録する

東京都調布市立多摩川小学校教諭 庄子 寛之

「一日一善」、皆さんはできているでしょうか。毎日、自分が幸せに感じたこと、人に対してできたことを記録していると、無意識のうちに、相手に喜ばれるような行為をしていることに気付きます。

これらは、一日を振り返らないとなかなか気付きません。ごく当たり前に行っているために、意識しなければ流れていってしまうのです。例えば、今日行った良いことを考えてみましょう。

・朝一番に職場に行って鍵を開けた。
……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。