新たな時代のキャリア教育(2)未来を一つの職業につなげる危うさ


認定NPO法人キーパーソン21代表理事 朝山 あつこ




「わくわくエンジン」が分かると、自分のエネルギーの行き先が見いだせるようになります。では、子どもがそれを見つけたとき、大人はどういった対応をすべきでしょうか。今回は具体的な例をお伝えしましょう。

川崎市の中学校で出会った生徒のエピソードです。わくわくエンジンを発見する実践プログラムを進める中、3人の生徒が「野球」にわくわくする、と言いました。いずれも、なかなかの強豪野球部で活躍しています。大人は彼らに「いいね。将来は野球選手になれば」などと勝手なことを言います。すぐ職業につなげようとするのです。

そう言われた彼らは「野球選手いいかも。なりたい。めっちゃいい!」と夢を描きます。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。