問題行動が激減する MLAの理論と実践(15)市全体で取り組むMLA

MLA研究開発者会議

岡山県総社市が不登校対策としてMLAに取り組み始めて9年がたとうとしている。「だれもが行きたくなる学校づくり」(以下「だれ行き」)と称したこの試みに、最初は消極的だった教職員も、その意図を理解し成果を感じるにつれ、前向きに取り組むようになった。

成果は、不登校や問題行動の減少といった学校全体の落ち着きはもちろん、若手教職員の教育のよりどころとなっている点も大きい。

MLAでは基本的な考え方(理論)と、その達成のための手法(実践)がバランスよく示されている。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。