発達障害を抱えた子の可能性を伸ばす指導(3)必要な指導・支援とは


明蓬館高等学校校長 日野 公三


 現在、発達障害のある生徒を多く受け入れているのが通信制高校だ。中でも、教育特区で認可を受け2004年以降に誕生した通信制高校では、発達障害のある生徒の割合が全生徒の約15%を占めていることが分かっている(「新しい学校の会」12年10月調査)。同調査では、対象7校の全生徒中、不登校経験のある生徒が約60%に及び、発達障害のある生徒と重なるケースが少なくない点も明らかにしている。

 これらの生徒はさまざまな理由から、義務教育段階で必要な学力や人間関係能力、適切な自尊感情を身に付けられずにいる。彼らが高校に進学した場合、心理面や生活リズム面の安定とともに、中学校までの復習と高校の学習との並行的な取り組みも必要になる。より良い進路実現も目指すのであれば、容易ならざるチャレンジになる。

 通信制高校の教育対象は、勤労生徒から不登校経験者や発達障害者などへと大きく変化している。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。