発達障害を抱えた子の可能性を伸ばす指導(6)社会生活でのつまずき


明蓬館高等学校校長 日野 公三


2009年の明蓬館高校開校、13年のSNEC(スペシャルニーズ・エデュケーションセンター)開設によって、発達障害の生徒を積極的に迎え入れ、チームとしてサポートする体制を整えた。この経緯について述べてみたい。

明蓬館高校のグループ校には、00年に開校した東京インターハイスクール、04年に開校したアットマーク国際高校がある。3校合わせて約3千人の卒業生がおり、卒業生や保護者が母校を訪ねてくれることもある。

彼らの話を聞くと、私たちの学校を卒業後、もしくは大学進学を経て就職しても、その後引きこもってしまったり転職を繰り返したりするケースが少なくないという。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。