18歳になる前に―考え、関わる社会の問題(6) 法の支配の原理を学ぶ


東京都立高島高校教諭 大畑 方人


 新科目「公共」で「公共的な空間における基本的原理」を扱う際は、「思考実験など概念的な枠組みを用いて考察する活動を通して、個人と社会との関わりについて多面的・多角的に考察し、表現すること」としている。

 そこで今回は、「法の支配」や「立憲主義」の原理を学ぶ授業を取り上げる。授業では、まず次のような架空の物語を読ませる。

「オセアン国」では、世襲制の国王が絶大な権力を握っていた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。