学級問題を解決する エンカレッジシート(8) 学級に向かい合う体験

北海道公立学校スクールカウンセラー 青沼 眞弓


 エンカレッジシートは、生徒の既知のモラルを確かめるものではない。今起こっている問題を自分たちの問題として捉え、学級に向かい合う体験をするのである。

 特に問いの「①学級にとってマイナスになることは何でしょう?」「②学級にとってプラスになることは何でしょう?」によって、学級の課題を冷静に捉えられる。教師はいじめ問題を既知する立場として、②は愚問ではないかと心配になるかもしれない。しかし、生徒の立場でそれを考えることで、自主性や協同性が育まれるのではないだろうか。

 いじめ問題で実施したエンカレッジシートのまとめから、問い①②の生徒の意見を紹介する。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。