18歳になる前に―考え、関わる社会の問題(7)持続可能なまちづくりを探る


東京都立高島高校教諭 大畑 方人



筆者が勤務する東京都立高島高校は、東京23区北西部の板橋区高島平にある。

江戸時代後期の砲術家、高島秋帆ゆかりの地である高島平は、1960年代以前は広大な水田が広がり、都民の食料供給地として建物の新築や増築を制限する「緑地地域」に指定されていた。

その後、高度経済成長に伴う都心の人口増加に対応するため、70年前後に「高島平団地」が建設され、林立する団地群と周辺の住宅に4万人以上が移り住んだ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。