発達障害を抱えた子の可能性を伸ばす指導(9)集団生活を無理強いしない


明蓬館高等学校校長 日野 公三

一部の教師には、生徒の成長のために集団に参加させなければならない、集団生活による半強制的な刺激が必要だ、という思い込みがいまだに見られる。

生徒同士でも「あの子は集団に入れない子」という見方で、発達障害の子供に違和感を抱いている状況もある。

発達障害のある生徒は、特に思春期に集団からの違和感を受けやすく、そういった子供を無理に参加させる必要はない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。