小学校から高校までを1冊に「キャリア・パスポート」が描く軌跡(1)キャリア・パスポートとは何か

筑波大学教授 藤田 晃之

新学習指導要領の総則は、児童生徒が「学ぶことと自己の将来とのつながりを見通しながら、社会的・職業的自立に向けて必要な基盤となる資質・能力を身に付けていくことができるよう、特別活動を要としつつ各教科等の特質に応じて、キャリア教育の充実を図ること」と明示している。

さらに、特別活動では「学校、家庭及び地域における学習や生活の見通しを立て、学んだことを振り返りながら、新たな学習や生活への意欲につなげたり、将来の生き方を考えたりする活動を行う」際に、児童生徒が「活動を記録し蓄積する教材等を活用すること」と定めている。

これを受け、文科省は各都道府県教委などに向けて事務連絡「『キャリア・パスポート』例示資料等について」を3月29日付で出した。それによると、前述の「活動を記録し蓄積する教材等」を「キャリア・パスポート」と呼ぶこととし、「2020年4月より、すべての小学校、中学校、高等学校において実施すること」を求めている。

秋田県の秋田わか杉キャリアノート「あきたでドリーム」(小学校版)

では、キャリア・パスポートとは一体何か。文科省はこの事務連絡で、目的と定義を次のように説明している。

【目的】小学校から高等学校を通じて、児童生徒にとっては、自らの学習状況やキャリア形成を見通したり、振り返ったりして、自己評価を行うとともに、主体的に学びに向かう力を育み、自己実現につなぐもの。

教師にとっては、その記述をもとに対話的にかかわることによって、児童生徒の成長を促し、系統的な指導に資するもの。

【定義】「キャリア・パスポート」とは、児童生徒が、小学校から高等学校までのキャリア教育に関わる諸活動について、特別活動の学級活動及びホームルーム活動を中心として、各教科等と往還し、自らの学習状況やキャリア形成を見通したり振り返ったりしながら、自身の変容や成長を自己評価できるよう工夫されたポートフォリオのことである。

なお、その記述や自己評価の指導にあたっては、教師が対話的に関わり、児童生徒一人一人の目標修正などの改善を支援し、個性を伸ばす指導へとつなげながら、学校、家庭及び地域における学びを自己のキャリア形成に生かそうとする態度を養うよう努めなければならない。

――なぜ、今、キャリア・パスポートが求められるのか。実際に、学校現場でどのように活用していけばよいのか。連載では、これらの点を分かりやすく整理する。


【プロフィール】

ふじた・てるゆき 専門はキャリア教育、教員養成制度研究。特に、米国やデンマークと日本のキャリア教育の比較研究に取り組む。著書に『キャリア教育基礎論』(実業之日本社)、『ゼロからはじめる小中一貫キャリア教育』(監修、実業之日本社)など。