小学校から高校までを1冊に「キャリア・パスポート」が描く軌跡(2)キャリア・パスポートの必要性


筑波大学教授 藤田 晃之


筑波大学教授 藤田 晃之





新学習指導要領は、2016年12月に中教審が取りまとめた「幼稚園、小学校、中学校、高等学校及び特別支援学校の学習指導要領等の改善及び必要な方策等について(答申)」に基づいて作成され、告示された。

同答申が「子供一人一人が、自らの学習状況やキャリア形成を見通したり、振り返ったりできるようにすることが重要である」とした上で、児童生徒自身が小学校から高校までの「学びのプロセスを記述し振り返ることができるポートフォリオ的な教材」(=キャリア・パスポート)の導入を求めていた点は重要である。

OECD生徒の学習到達度調査(PISA)の意識調査が示す通り、日本の子供たち、とりわけ中高校生は学校の学習に自分の将来との関係の意義が見いだせず、学習意欲も低い傾向にある。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。