18歳になる前に―考え、関わる社会の問題(10)僕らの政党をつくろう


東京都立高島高校教諭 大畑 方人



18歳選挙権の実現に合わせて、各学校では主権者教育が推進されるようになり、さまざまな実践が積み重ねられている。

一方で、若者の政治に対する関心は、十分に高まっていると言い難い。それは投票率からも読み取ることができる。

18歳選挙権の導入後、初の国政選挙となった2016年の参院選では、18歳の投票率は51%と比較的高く、主権者教育の効果があったとする意見もみられた。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。