校則にしばられる生徒たち―浮かび上がる学校の歪み(3)校則が増えている


ストップいじめ!ナビ副代表 須永 祐慈

 
 私たちのプロジェクトが目指すことは三つある。一つは署名活動を通して行政や学校に校則問題の改善を働き掛けること。二つは理不尽な校則を経験している人の事例調査を行うこと。三つは統計的に把握するためのアンケート調査の実施だ。

 現状の把握や調査を行い、メディアなどを通じて結果を公表することによって問題を提起し、学校現場をはじめさまざまな場所で議論やアクションが起きるきっかけになれば、と願っている。

 前回、10代の回答者が中学・高校時に体験した校則に「スカートの長さチェック」「チャイム前の着席」「眉毛そりの禁止」「整髪料の使用禁止」などがあることを紹介した。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。