校則にしばられる生徒たち―浮かび上がる学校の歪み(4)ウェブに届いた切実な声


ストップいじめ!ナビ副代表 須永 祐慈



私たちのプロジェクトのウェブページに寄せられた声は、設置から4カ月で200件以上、現在は300件を超えた。

投稿は理不尽さを感じた人が積極的に書いているので、必ずしもこれらが社会の総意とは言えない。だが、当事者がどれだけ理不尽な校則に苦しんだのか、切実な思いにあふれたものが多く、決して無視できない。

投稿の内訳は約6割が本人、保護者が2割強。経験した年代は現役の中高生が約5割、2010年以降に中高生だった人が2割弱だった。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。