校則にしばられる生徒たち―浮かび上がる学校の歪み(7)不適切な指導を巡る問題


ストップいじめ!ナビ副代表 須永 祐慈



学校には「生徒手帳」などに記載された校則以外に、明示されていないが教員が決めた規則や、教員ごとに異なるルールもある。寄せられた意見の中には「ブラック校則ではないのですが…」と遠慮がちに前置きした上で、こうした「隠れた校則」について訴える声も多く含まれている。

今回は、校則が元となって行われる「不適切な指導」を取り上げる。理不尽さを増した指導は子供のストレスを増大させ、尊厳を傷つける。将来の希望や自己肯定感の育成を阻む要因にもなる。さらにこれらは、いじめの増加など、さまざまな学校リスクもはらんでいる。

図は、中学校での「理不尽指導」19項目のうち、10代で変化の大きかった項目に絞って整理したものだ。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。