新たな時代のキャリア教育(7)地域発―愛媛県伊予市の事例


認定NPO法人キーパーソン21代表理事 朝山 あつこ


 愛知県伊予市の中山地域にある佐礼谷小学校(児童数15人)と中山小学校(同59人)、中山中学校の3校は、深刻な人口減少の影響から統廃合の可能性もある学校です。そうした状況にありながらも同地域は、コミュニティ・スクールの全国的な展開に先駆け、一丸となって「小中学校を中心とした教育」に取り組んでいます。

 中山地域とのご縁は、地域おこし協力隊の逢沢亜月さんとのつながりから始まりました。都心に比べ選択肢が少ないといわれる地域において、どうやって子どもたちのチャレンジ精神を養えるのか、と問題意識を持っていた逢沢さんは、「チャレンジは町の一人一人のわくわくエンジンを認めるところから生まれるのではないか」という考えに至りました。

 その考えに、佐礼谷小学校の上野校長、中山小学校の宮岡校長をはじめとする教員、保護者、行政職員、地域の人々が共鳴し、プロジェクトを実践することになったのです。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。