校則にしばられる生徒たち―浮かび上がる学校の歪み(10)理不尽な校則を変えるために


ストップいじめ!ナビ副代表 須永 祐慈


私たちの元には、教師側の「反論」の声も届いた。まず、校則は必要という意見。「校則のある学校を選択したのは生徒自身」「体罰が規制されたからこそ校則が必要になった」「行き過ぎではない校則は絶対必要」――などだ。

しかし、学校を選んだ生徒に責任を帰すならば、少なくとも学校のホームページなどで校則を積極的に公開すべきだ。また、そもそも体罰や体罰に替わる校則・指導は、子供に過度なストレスを与える。問題の根は共通している。

さらに、もとより私たちは「校則の全廃」を目指してはいない。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。