『自律型学習者』を育てる学校改革(4) 教科の枠を超えた学び


新渡戸文化小中高校教諭 山本 崇雄



新渡戸文化学園の教育の軸である三つのC。Core Learning(教科の基礎となる学び)、Cross-Curriculum(教科の枠を超えた学び)、Challenge Based Learning(社会課題の解決に向けて行動する学び)のうち、今回取り上げるのは二つ目のCross-Curriculumです。

Cross-Curriculumは新学習指導要領でもうたわれているカリキュラム・マネジメントの一つの実践例になるでしょう。教科を超えた学習を、時間割という決まった枠の中で実現するのは一見難しそうですが、工夫次第で簡単に取り組めます。

新渡戸文化学園のCross-Curriculumは、シンプルに物事を複数の教科を通して学ぶところから始めました。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。