新たな時代のキャリア教育(10)教員発―神奈川県高座郡の事例


認定NPO法人キーパーソン21代表理事 朝山 あつこ



地域のかっこいい大人と出会うことで、生徒が未来に希望を持つ――そんな授業を企画していた神奈川県寒川町立寒川中学校の内藤幸久元教頭は、キーパーソン21のプログラムを「生徒一人一人の自己肯定感が確実に上がり、自分が何者であるかが分かるようになる」と評価しました。

さらに「機会をつくらなければ、大人になるまでそうした経験が一度もできないかもしれない」と、プログラムの実現に向けた取り組みを進めていただきました。

内藤元教頭は、わくわくナビゲーターとして訪れる大人たちは子どもたちを「認めて」くれるのだと言います。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。