『自律型学習者』を育てる学校改革(5) 社会課題の解決に向けて行動する学び


新渡戸文化小中高校教諭 山本 崇雄





新渡戸文化学園の教育の軸である3つのC―①Core Learning(教科の基礎となる学習)②Cross-Curriculum(教科の枠を超えた学び)③Challenge Based Learning(社会課題の解決に向けて行動する学び)――のうち、今回は最後のCであるChallenge Based Learning(以下CBL)についてお話しします。

CBLは2008年にAppleが“Apple Classroom of Tomorrow-Today(ACOT2)”で提唱した問題解決型学習です。リアルな社会課題を取り上げ、その解決に向けて仲間と協働しながら、テクノロジーを駆使して学んでいきます。

CBLはEngage(興味を持つ)、Investigate(探求する)、Act(行動する)の3段階から成り、最終的には活動を社会に公開することが大きな特徴です。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。