SDGs4.7とこれからの学び~アジアの教育を見つめながら(3)グローバル・シチズンシップ教育


グローバル教育推進プロジェクト(GiFT)・グローバル教育プロデューサー 木村 大輔



「戦争は人の心の中で生まれるものであるから、人の心の中に平和のとりでを築かなければならない」――これはユネスコ憲章前文にある有名な一節である。ユネスコが創設された1946年以来、教育、科学、文化を通して「平和と人類の共通の福祉」を一貫して推進している。

SDGs4.7も、74年にユネスコ総会で採択された「国際理解、国際協力および国際平和のための教育並びに人権および基本的自由についての教育に関する勧告」の流れをくむ「変容を促す教育=Transformative Education」となっている。

このSDGs4.7の中にESDと共にあるのが、グローバル・シチズンシップ教育(GCED)である。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。