『自律型学習者』を育てる学校改革(7)みんながハッピーであること


新渡戸文化小中高校教諭 山本 崇雄


前回は生徒の自律を促しながら、関わる人々との関係性(リレーションシップ)を向上させるスキルであるパブリック・リレーションズを紹介しました。パブリック・リレーションズの3つのキーワード、「倫理観」「双方向コミュニケーション」「自己修正」のうち、今回は「倫理観」について詳しくお話しします。

パブリック・リレーションズの第一人者である井之上喬氏は「倫理観について現代のパブリック・リレーションズでは、ジェレミー・ベンサムの功利主義(utilitarianism)「最大多数の最大幸福」とマイノリティ(貧しい人や弱い人)に対して義務感をもって手を差し伸べなければならないとするエマニュエル・カントの義務論(deontology)との補完関係の上に成り立っている」と定義しています。……

この記事は購読会員限定です。購読を申し込むと、続きをお読みいただけます。